KX100 ピストンリング交換

KX100をショップへ腰上OHに出してから1年ほど経ったので、開けてチェックするついでにピストンリングを交換した。

開けたらこんな感じだった。

[peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-JOwEB0WJXbk/W4q3L9aoMkI/AAAAAAAANh8/y6JCPqxd82ALx_dV8-ngV32YU2HnJCe0ACCoYBhgL/s144-o/IMG_20180901_112002.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/109658220299454837775/6568046594366199089?locked=true#6596286020330205762″ caption=”” type=”image” alt=”IMG_20180901_112002.jpg” image_size=”3120×4160″ ]

ピストンについてるカーボンの状態をみると、焼け具合は特に問題なさそう。

排気ポート付近が黒くなっているけど、触ってみたら特に違和感もないのでそのままにします。

シリンダもオイルでしっとりしていて焼付きしかけている所もないのでオイル管理も問題なさそう。(混合比はあんまり回さないので1:45くらいで運用)

一応もしものときのためにピストンも用意していたけど、ピストンリングだけ交換して元に戻しました。作業時間はなれてきたのか開けてから戻すまで4時間くらいでかかりました。

そういえば忘れていたけどギアオイルも先月交換しました。

使用オイルはカワサキ純正のギアオイル。たぶん前オーナー含めて納車後はじめての交換・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください