スマホを駅のトイレに忘れたら、壊れて戻ってきた話

先日うっかり駅のトイレにスマホを忘れたら、壊れて戻ってきたという話をここに書いておきたいと思う。親切な人が届けてくれるだろうと思っていたので、個人的にすごくショックだった。

その日は腕時計の電池交換のために駅前まで出かけていた。前日に腕時計の電池切れを放置すると、内部で液漏れが発生するという記事を読んだからだ。ちょうど家には電池切れのまま2年放置しているCASIOのEFR-520RBがあり、これを電池交換に出すことにした。

電池交換は事前にネットで調べていた店に出して、10分ほどで終わった。噂通り作業が早い。値段は1000円弱で、「値段は前のとこと一緒だな。でも前の店より早いな。」と思いながら店を後にした。

電池交換が終わるとちょうど昼だったので、昼飯を駅前の家系ラーメン店で済ませることにした。久しぶりのラーメンはおいしかったが、注文を間違えて少し量が多かった。

昼飯を済ませた後、食べ過ぎた分を気にして少し遠回りで帰って歩くことにした。

すると歩いている間に急に催してきてしまった。多分脂っぽいものを食べたからだと思う。急いで近くの公園のトイレに行って無事尊厳を守った。

20分後、歩いているとまた催してきてしまったので急いで駅のトイレに入った。ここで事件が起きた。用が済んだ後安心しきっていたのか、うっかりスマホを個室の中に置き忘れてしまった。

トイレを出て数歩で忘れたことに気が付いたが、私が使った個室にはすでに人が入っていたので待つことにした。

5分ほど待って人が出てきたので、ようやく個室の中を確認することができた。しかし、スマホはもうすでになかった。がっかりした。

ちょうどその時清掃員の方が掃除中だったので、届いていないか確認してみたがまだ届いていないようだった。清掃員の方はとても親切で女子トイレの清掃員の方にも届いていない確認してくれたし、駅のどの窓口で聞けばいいか教えてくれた。

清掃員の方にお礼を言った後、駅の窓口でも聞いてみたがまだ届いていないとのことだった。一応届けられた時のために忘れたスマホの特徴を連絡した。

「駅の近くに交番があるのでそっちに届いているかも」と教えてくれたので、交番に行き、遺失物届けをだすことにした。遺失物届けを出したのは人生で初めてだった。

その後家に帰って一息ついたところで、PCでスマホの停止方法を検索することにした。使ってるのはMVNOだったのでどうすればいいかわからなかった。

その時にまだ電源が入っているのなら、Androidでもリモートでデバイスの位置を探せるし、ロックもできることに気づいた。探してみるとスマホは駅と家の間あたりにあるらしいと表示されていた。しかも更新時間は1分前になっていて、電源はまだ入っているようだった。ただ場所は30mの円で表示されていて割とアバウトだった。

とりあえずPCからスマホをロックするよう操作して、これからどうするかを考えた。

まず位置情報がずれていて、実際はそこにはない可能性を考えた。まぁこれは確認しに行けばわかることだなと思ったので行ってから考えることにした。

次は駅のトイレからそこに移動させた人が、まだそこにいる可能性を考えた。うっかり鉢合わせしたら怖い。これは30分ほどスマホの位置が動かないことを確認してその可能性は低いと判断した。

とりあえずサブ端末の楽天ミニがあったので、それにデバイスの位置を探すアプリを入れてデバイスのあると思われる場所に行くことにした。慎重に。

その場所に行ってみるとアパートいくつか建っている場所だった。電波が反響するほどの高さの建物はないので、位置ずれの可能性は低いと判断した。

周囲の地面を探してみたが、落ちてはいなかった。落ちていないとすると周りのアパートの部屋の中か、地面以外のどこかか。アプリからスマホの音を出す操作ができるので最終手段としてやってみることにした。もしアパートの部屋の中にあったら、持ってった人が気づいて電源を落とされてしまう…!いざっ…!

音を鳴らしてみたところ、道端の、しかも側溝の中から音が聞こえてきた。側溝を覗くと黒くてつやっとした板が見える。見つけた!と確信した。幸い水が溜まってない側溝だったのでよかった。上から見た感じでは特に壊れていないように見えた。

見つかったので、まず遺失物届けを取り下げに交番へ行った。この時状況を説明して書類かなんか書いてもらうこともできたんだろうか。まぁ状況証拠しかないので無理かなとは思う。

次にスマホを回収しにいった。回収は先っぽにガムテを付けたゴミばさみでやった。長さ的にギリギリだったが、ガムテと落ち葉があまり溜まっていなかったおかげで簡単に取り出すことができた。

取り出した後気づいたが、スマホが液晶側が凸になる形で湾曲していた!湾曲していた!!推測だがスマホのロックが外せなくて、使えない腹いせに曲げて捨てたのだろう。スマホには顔、指紋、6桁のコードでロックがかかっていた。一応電源は入って操作できる状態だったので、データを取り出して初期化した後交換・修理に出すことにした。

申請し1週間くらいで新品に交換してもらった。IMEI番号の登録に少し手間取ったがおおよそスムーズだった。

まとめ

今回の事件はとてもいい勉強になったと思う。Androidでもデバイスの位置検索できることや遺失物届を書き方が分かった。デバイスの検索は以前はiPhoneのみだったのでとても便利になった。

駅前の治安の悪さを身をもって感じってしまった。これに関しては冒頭にも書いたけどとても残念。

スマホをトイレに忘れたのは2回目なので、いい加減学習してカバンに入れるとか出る前に確認するとか対策したほうがいいと思った。(1回目は数年前海外のショッピングモールのトイレに寄ったときで、英語で現地の店員に説明する羽目になったし、その日は旅行最終日だったので日本に帰ってから公衆電話で停止手続きをするとか大変な目にあったのを今思い出した)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください